​熊野 x  イノベーション
IMG_4385.jpg
宿泊予定の民宿近くの丹倉神社での木漏れ陽

​ 今、日本の神道に注目があつまっています。その理由は神道が信じられていた時代、人々は厳しい自然環境の中で互いに助け合っていかなければ生き残れない時代でした。人々はお互いに調和し助け合っていた時代です。そのなかで自然は「神」とされました。

 これまでのビジネスは競争し、シェアを奪い合うモデルでしたが、令和時代はいり、環境問題、パンデミックや戦争など世界情勢が激しく変化する時代においては、競うのではなく神道の考え方と同じ万物の中に八百万の神がやどり、互いに繋がり合い、調和をめざすビジネスが求められます。

 混乱の時代、左脳型のロジックを積み上げたビジネスモデルは限界を迎えています。今こそ、神道的な価値観を大切にし、自然環境を回復させるリジェネラティブ※で共存共栄の「三方良し」のビジネスを取り戻すときです。

 これまで10年間zenschoolが培ってきたイノベーションを生み出す手法を用い、早朝から熊野の雄大な自然の中で、瞑想や対話を行い、心を研ぎ澄ましつつ、熊野の大地から得られる、インスピレーションや日本古来の智慧をお借りし、持続可能・リジェネラティブな事業創造、イノベーションを生み出す、ビジネス・イノベーションスクールです。 


※「リジェネラティブ」とは、既存の自然環境を維持するだけではなく、人間の営みにより自然環境を回復させる概念です。例えば古代日本では、製鉄のため木を伐採した後に、植林をして自然を回復するという伝統がありました。日本の古代「たたら製鉄」はリジェネラティブな考えに基づいた事業そのものだと言えます。

​なぜ熊野でイノベーションなのか?

大丹倉で瞑想.jpg
2日目の朝、大丹倉で瞑想を行っている模様(天候が晴れた場合)

スティーブ・ジョブズのような内発的動機イノベーターを創出するため、10年間かけて開発された
True Innovation®理論に基づくプログラム

 本プログラムは、2011年から10年間にわたってマインドフルネス瞑想と、徹底的な自己開示、そして深い対話を通じて、個人の中にある内発的動機をとりだす試行錯誤を続けていく中でうみだされた、独自のイノベーション理論「True Innovation®」(トゥルーイノベーション)理論にもとづいて運営されています。 

​ 徹底的な自己開示により絶対的な心理的安全の場の中で、リフレクティング・トークをおこないます。その後、内発的動機にもとづいた製品コンセプトを取り出し、事業計画化しプロトタイプを作り実現化させます。取り出したコンセプトを、我々とのダイアローグを通してフォローアップをおこなうことで、組織実装をし、企業の事業体の中で事業化を進めてまいります。
zenschoolフロー-zenschool熊野.png

zenschoolマスター

190121-164541_004.jpg
三木 康司
 Kouji Miki
  • Facebook Social Icon

株式会社enmono代表取締役

富士通株式会社を経て慶應義塾大学院後期博士課程単位取得退学、三重大学非常勤講師、神戸大学大学院非常勤講師を歴任。ITベンチャーを役員を経て2009年にenmono社を設立。自身のリストラを契機に心のバランスを崩す経験を経て、自宅で坐禅を開始し、その後現在の会社を創業にいたるまで回復する。
町工場のイノベーション講座「zenschool」を開催、数々の町工場の自社製開発を支援。自身が「禅」に助けられた個人的な「お礼」として他の創業者と共に鎌倉から世界に「禅」とマインドフルネスを発信する国際カンファレンス「Zen2.0」を企画運営。2018年4月一般社団法人創立、他の仲間とともにZen2.0共同代表理事就任。著書として、「マイクロモノづくり始めよう」、『「禅的」対話で社員の意識を変えた トゥルー・イノベーション』などがある。

宇都宮 茂
Shigeru Utsunomiya
  • Facebook Social Icon

株式会社enmono取締役

同志社大学卒業後、スズキ株式会社にて生産技術職を18年経験した後、町工場にて生産技術課長職を経て、中小製造業支援ベンチャー、NCネットワークに入社し三木と出会う。そこで生産技術兼調達担当部長として試作品製造先選定、部品調達等の営業支援に従事。

その後、2009年三木とともに株式会社enmonoを起業。発電会議というアイデア発想ワークショップのファシリテーションを2年間務めてきた経験から、自社製品開発のアイデア抽出に強みを持つ。

ロベル アダム

一般社団法人 熊野新道 代表理事

ニューヨーク出身、同時にSizungのグローバル・コラボレーション・プラットフォームの共同創業者兼エコシステムディレクター。(株)伊東商会にてDXチームリーダー 。(公財)未来工学研究所にて特別研究員。2019年総務省主催の「異能ジェネレーションアワード」受賞。カリフォルニア大学、学士号(宗教学)。武蔵工業大学(現・東京都市大学)、修士号(環境情報学)。 zenscholVR02期卒業生

zenschool マスター候補生 
(コース&英語サポート)
 

日程・受講料

 

開催日程

​夏以降日程調整中
​※6ヶ月間のプログラムです。3日間の集中講義とその後の実践に向けたフォローアッププログラムとなります。

受講料

※キャンセルされる場合はキャンセル料金が発生致しますので、必ずキャンセルポリシーをご確認の上お申し込みください。
​※食費、交通費、宿泊費(民宿代金1泊7000円・ビジネスホテルは1泊9000円前後となります。)は別途各自お支払いください。 
  • 分割:30,300円/月額(税別)×12回払​
  • 一括請求書払:360,000円(税別)
  • クレジットカード :350,000円(税別)
zenschool熊野-IMG_2482.jpg

開催場所

 

開催場所
熊野市駅から徒歩5分

レンタルスペース きのもり
〒519-4323 三重県熊野市木本町666-5
https://kinomori.business.site/
きのもり1.PNG
レンタルスペースきのもり室内
 
zenschool熊野-IMG_2467.jpg
滝の近くで対話
レンタルスペースきのもり室内
zenschool熊野-IMG_2474-2.jpg
森で歩く瞑想
きのもり2.PNG

​カリキュラム

 
zenschoolフロー-zenschool熊野.png

SpecialProgram

大丹倉で瞑想.jpg
大丹倉で瞑想
IMG_4389.jpeg
丹倉神社で対話
kumano01.png

集中講義1日目

14:00 トゥルーイノベーション概論
15:00 マインドマップでの自己開示
16:00 民宿「あかくら」へ移動
16:30 民宿「あかくら」到着
17:00 夕食
18:00 マインドマップでの自己開示
19:30 休憩
20:00 マインドマップでの自己開示
21:30 終了
kumano02.png

集中講義2日目

05:00 起床
05:30 大丹倉へ移動(晴天時)
05:50 大丹倉で瞑想ワーク(晴天時)
06:30 丹倉神社へ移動
06:45 丹倉神社で瞑想&対話
07:30 朝食
08:45 民宿「あかくら」チェックアウト
09:30 瞑想&ワクワクトレジャーハンティング
12:00 昼食
13:00 引き続きワクワクトレジャーハンティング
17:00 続いてビジュアルワーク
19:00 夕食(弁当)
20:30 ビジネスホテルへ移動
21:00 ビジネスホテルチェックイン
kumano03.png

集中講義3日目

05:30 起床
06:10 大馬神社へ移動
06:30 滝の前で瞑想ワーク
07:30 ビジネスホテルチェックアウト
08:00 きのもりでビジュアルワーク
12:00 終了
3.発表会-鎌倉2.png

Presentation(発表会)

 発表時間は10分+質疑応答10分。通常のビジネスプランコンテストとは違い、この場で事業に共感する方たちを集め、チームビルディングを行ったり、その場ですぐに関心のある製品やサービスに関しては、参加者から「仮注文」を取れるような仕組みを用意しています。
 また、参加される方には全ての方に守秘義務宣誓書をサインいただき、知財が外部に流出しないように心がけています。
4.フォローアップ.jpg

フォローアップ

 発表会のあと、すぐにフォローアップを開始します。その後6ヶ月にわたり、毎月1時間程度、zoomを用いたオンラインまたは鎌倉にて事業進捗のフォローアップを行います。
フォローアップ@鎌倉
 このフォローアップ期間中に、事業を大きくピボットさせたり、あるいは予算を獲得して大きく成長する卒業生もいます。
 
 実際の事業化にあたり、プロモーション支援として当社が運営するオウンドメディアにご出演いただいたりもしております。
 
http://www.enmono.jp/mms
 
11期梶川さん2019.jpg
  • Facebook Social Icon
第121回MMS(対談より)
enmono   我々にコンタクトをとっていただけたということは、なにか会社としての課題があったんでしょうか?
梶川         課題はたくさんあるんですけど、決まり切った行儀のいいセミナーはもう一通り行って、なんかつまんないし、かといって自分の中で次の展開が見えなかったので、まぁ一つの経験だと。そこでダメでもいいじゃないかということで「参加します」と。
株式会社フジタ
代表取締役
梶川 貴子
17期中島さん.jpg
  • Facebook Social Icon
zenschoolを卒業後、開発した月面探査車YAOKIが、NASAの月輸送ミッションの月着陸船Peregrineに乗って、2021年に日本初となる月面探査を実施することになります。
(*)YAOKIプロジェクトは、TOSHIN Start Up Design に採択され、東新製作所とのパートナーシップによって事業を推進します。東新製作所代表取締役の石原さんも、zenschool卒業生であり、卒業生同士のコラボがこのような快挙に結びつきました。
株式会社ダイモン
代表取締役
中島 紳一郎
zenschool渾沌マスター大野さん1x1.jpg
  • Facebook Social Icon
リーマショック後代表に就任した会社を立て直し、2020年コロナ禍の中、代表を後継者に引き継ぎ、VRを使った対話の達人を目指す。​

本町BASE プロジェクトマネージャー
Heart Beat Square 関 彩(いろどり)主人
大野 雅孝